社労士の勉強中に発生する疑問を解決する質問広場

労災保険法/遺族補償年金

YUICHIRO 2016-08-24 00:28:03

遺族補償年金の受給権者が18歳未満の子供と、同じ子供でも20歳以上で、しかし障害等級5級以上の者のみの場合、この二人の順位はどうなるのでしょうか?

 

法第16条の2第3項は「遺族補償年金を受けるべき遺族の順位は、配偶者、子、父母、孫、祖父母及び兄弟姉妹の順序とする。」とあります。

子は何人いても同順位ですので、子が最先順位である場合は、ご質問の子は、両者とも受給権者になります。

この場合の年金額は、法16条の3第2項に「遺族補償年金を受ける権利を有する者が2人以上あるときは、遺族補償年金の額は、前項の規定にかかわらず、別表第1に規定する額をその人数で除して得た額とする。」とあるように、受給権者が2人であれば、年金額が等分されて両者に支給されます。

気をつけて欲しいのは「遺族の数に関係なく、受給権者の数で等分されること」です。

例えば兄は一人暮らしで、弟は受給資格者である祖父母と住んでいるような場合、遺族の数は4であり、年金額は給付基礎日額の245日分です。

遺族の数で見ると兄の世帯は遺族が本人1人、弟の世帯は遺族が本人と祖父母で3人ですが、そういった同居する遺族の数に関係なく、年金は受給権者である兄と弟で等分です。

投稿内容を修正

参考になった:6

poo_zzzzz 2016-08-24 12:15:49

質問タイトル画面へ