社労士の勉強中に発生する疑問を解決する質問広場

雇用保険法/再就職手当と高齢者再就職給付金について

roku 2013-02-17 16:18:29

再就職手当と高齢者再就職給付金は、受給者の年齢が違うだけで他の要素は同じように感じますが、なぜ前者は就職促進給付とされ、後者は雇用継続給付とされるのでしょうか?受給者の年齢以外にもっと根本的な違いがあるのでしょうか?ご指南くださいませ

 

再就職手当は、失業し求職活動を行って、基本手当の給付残日数を多く残しながら再就職できた者に対し支給されます。

失業者は、基本手当の支給残日数がある間は、ついついそれに頼ってしまう上、「全部受給しないと損」のような風潮があることも事実です。そのような傾向になりがちな失業者に対し、再就職に対する意欲を促進するための給付です。

高年齢再就職給付金は、再就職し、60歳当時より賃金が下がったにも係わらず就業生活を続けようとする者が、低賃金によって就業に対する意欲が下がって退職したりしないよう、雇用を継続し続けるように支給するものです。

失礼ですが「同じように見える」のは、質問者の方が、一つ一つの給付が持つ意味をきちんと勉強しておられないからですね。単に「再就職したらもらえる給付」と括ってしまわれたのでしょう。

他の方にも書きましたが、「何かと何かの違いがわからない」という場合、原因の多くは、その一つ一つの要素に対する理解不足です。もう一度テキストを精読し、講義を聞き直し、一つ一つの給付を学習し直されることをお勧めします。

参考になった:3

poo_zzzzz 2013-02-17 18:56:22

非常にわかりやすいご説明ありがとうございました。そうとらえれば確かに「促進」してますね。本質も見極める様に学習して行きます

投稿内容を修正

roku  2013-02-24 13:11:55

質問タイトル画面へ